• 本

マンガジャンル・スタディーズ

出版社名 臨川書店
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-653-04196-2
4-653-04196-2
税込価格 2,090円
頁数・縦 291,2P 19cm

商品内容

要旨

日本マンガ学会カトゥーン部会の研究成果を書籍化。カートゥーン(1コママンガ)とコミックの特質とその関係性を歴史学・社会学・マスコミュニケーション論・テクスト分析など様々な視点から考察。マンガというジャンルの奥深さに迫る。

目次

カートゥーンとコミックをめぐる考察―一コママンガ(カートゥーン)とマンガ(コミック)をつなぐ
1 マンガという表現形式(少女雑誌における「漫画」的表現を辿る―明治末期から大正期における『少女の友』と『新少女』分析より
世俗風刺としてのコミック表現)
2 ジェンダーと「マンガ」(「宝塚は女の天下!」―戦前の『歌劇』掲載マンガにみる女性像
抒情画、漫画、イラスト―女性向けの媒体の一コマ表現
「少年愛マンガ」という変節点―読者という視点から見る男性同性愛モチーフの登場をめぐる一考察)
3 メディア・コミュニケーションと「マンガ」(「マンガ」を描くことと「マンガ家」―職業としての「マンガ家」像をめぐって
マンガを読むという経験―マンガテクストの解釈手続きにみる理解の達成
政治漫画と政治マンガ―カートゥーンとコミックにみる政治を手がかりに)

出版社
商品紹介

一コマ漫画とコミックの特質を横断的に考察する。

著者紹介

茨木 正治 (イバラギ マサハル)  
1958年、神奈川県生まれ。1989年、学習院大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(政治学、学習院大学)。政治学、マス・コミュニケーション論専攻。現在、東京情報大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)