• 本

記憶をコントロールする 分子脳科学の挑戦

岩波科学ライブラリー 208

出版社名 岩波書店
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-00-029608-3
4-00-029608-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 123P 19cm

商品内容

要旨

そもそも記憶は脳のどこにどのように蓄えられるのか。また短期記憶と長期記憶の違いは脳のどのようなメカニズムに由来するのか。素朴な疑問に丁寧に答える一冊。

目次

プロローグ 来たれ!脳科学のガリレオ
1 記憶はどこに蓄えられるのか
2 記憶はどのように蓄えられるのか
3 遠隔記憶のナゾ
4 記憶と遺伝子の関係
5 記憶はどのようにして正確に保持されるのか
6 思い出した記憶は不安定になる
エピローグ 記憶から探る精神の営み

出版社
商品紹介

記憶を消したり想起させたり自由に操作できる日も夢ではない。分子の言葉で語れる記憶のメカニズム。

著者紹介

井ノ口 馨 (イノクチ カオル)  
1955年生まれ。1979年名古屋大学農学部卒。1984年同大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士。コロンビア大学医学部研究員、ハワード・ヒューズ医学研究所リサーチアソシエート、ニューヨーク州立精神医学研究所研究員、三菱化学生命科学研究所研究主幹・グループディレクターを経て、2009年より富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授。専門は分子神経生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)