• 本

知らないと恥をかく世界の大問題 4

日本が対峙する大国の思惑

角川SSC新書 180

出版社名 角川マガジンズ
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-04-731603-4
4-04-731603-2
税込価格 880円
頁数・縦 228P 18cm
シリーズ名 知らないと恥をかく世界の大問題

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 世界の対立を知ることで未来の日本が見えてくる!いまの世界情勢をこの一冊で池上さんの伝える魔法が教えてくれます!

    (2013年11月26日)

  • 今世界で起きている世界の問題を、もはや知らない人はいないと言ってもよいジャーナリスト、池上彰さんがわかりやすく解説してくれるシリーズの第四冊目。アメリカ、中国、中東で起こっている出来事を知ることにより、日本の未来が見えてきます。様々な対立軸を取り上げながら、これからの世界のあり方を考えていきます。

    (2013年11月21日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

多極化する世界は多くのジレンマを抱えている。混沌のなか、激化する対立。互いに考え、歩み寄る姿勢がなければ、世界は前に進まない。2012年は世界の大国のトップが次々と交代した。世界の新しいリーダーが出揃ったいまこそが再起動のチャンスなのだ。絶対的な覆権国・指導者がいない「Gゼロ時代」。さまざまな対立軸を取り上げながらこれからの世界の在り方を考える池上彰の人気シリーズ第4弾。世界の中の日本を考えるのは、いま、このときだ。

目次

プロローグ 「Gゼロ」時代の新しい世界を見通す―世界を動かす新しい役者は揃った
第1章 腐っても“大”国、アメリカが抱える対立
第2章 ノーベル平和賞を受賞したのに―ひとつになれないEU
第3章 世界のエネルギー地図が書き換えられる―基軸通貨ドルの延命
第4章 過酷なアラブの夏がやってきた―中東・アフリカの厳しい現実
第5章 一触即発の東アジア―危険な大国の内と外
第6章 ゼロからわかる安倍政権が目指すもの
エピローグ 世界は歩み寄れるのか?

出版社・メーカーコメント

新しいリーダーが出揃ったいま、多極化する世界が抱えるジレンマの解決が急がれる。さまざまな対立軸を取り上げながら、今後の世界の在り方を見通す池上彰の人気新書第4弾。世界の中の日本を考えるのは、今だ!

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
ジャーナリスト。東京工業大学教授。1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年、NHKに入局。1994年から11年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)