• 本

荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟

集英社新書 0689

出版社名 集英社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-08-720689-0
4-08-720689-0
税込価格 814円
頁数・縦 222P 18cm

商品内容

要旨

アクション映画、恋愛映画、アニメ…取り上げたジャンルを問わぬ映画作品の数々には、その全てに、まさに荒木飛呂彦流の「サスペンスの鉄則」が潜んでいる。本書は、その一つひとつを徹底的に分析し、作品をまったく新しい視点から捉え直した映画論であり、エンターテイメント論である。『ジョジョの奇妙な冒険』を描かせたとも言える、荒木飛呂彦独特の創作術とは?映画の大胆な分析を通じて、その秘密が明らかに。

目次

第1章 ベストオブベストは『ヒート』と『96時間』
第2章 名作の条件とは「男が泣けること」
第3章 サスペンスの巨匠たちのテクニック
第4章 情事・エロチックサスペンス
第5章 イーストウッドはジャンルだ
第6章 この映画、軽く見るなよ!
第7章 名作には都市伝説が必要だ

出版社・メーカーコメント

「映画にはサスペンスが必要だ」と豪語する荒木飛呂彦が、イーストウッド作品から青春・恋愛モノまで、あらゆる作品に潜むサスペンス性とその掟を明らかにする、全くユニークな映画論。

著者紹介

荒木 飛呂彦 (アラキ ヒロヒコ)  
1960年、宮城県仙台市生まれ。東北学院榴ヶ岡高等学校卒業後、仙台デザイン専門学校卒業。80年に『武装ポーカー』で「少年ジャンプ」デビュー。近年はGUCCIとのコラボレーションなど、さらに幅を広げて精力的な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)