• 本

ヨーロッパ文明の正体 何が資本主義を駆動させたか

筑摩選書 0067

出版社名 筑摩書房
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-480-01573-0
4-480-01573-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 285P 19cm

商品内容

要旨

欧米の覇権が揺らいでいる。いま行き詰まっているのは資本主義なのか、民主主義なのか、国民国家というあり方なのか。それを問うために、いまこそヨーロッパ文明とは何だったかを見定めねばならない。そもそもなぜヨーロッパが近代以降の世界を制覇できたのか。経済体制、思想形態、政治制度は結果にすぎない。ヨーロッパ固有の何かが、全世界を席巻し得る契機となった何かが根幹にあるはずだ―。近代の歴史を動かした「論理」の基盤に迫る。

目次

はじめに なぜ今ヨーロッパを問うのか
第1章 なぜユダヤ人は虐殺されなくてはならなかったのか
第2章 ヨーロッパの生態学的基盤とは何か
第3章 皇帝なき文明ヨーロッパ
第4章 なぜヨーロッパは世界を植民地化できたのか
第5章 科学技術が爆発的に発展した本当の理由
第6章 なぜヨーロッパに資本主義が生まれたのか
おわりに 日本に未来はあるか

出版社
商品紹介

ヨーロッパはなぜ資本主義を駆動させ、暴走させるに至ったか。その歴史的必然と条件とは。歴史学者がヨーロッパ文明の正体に迫る。

著者紹介

下田 淳 (シモダ ジュン)  
1960年生まれ。東京都立大学助手を経て、宇都宮大学教授。歴史家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)