• 本

贖いの月

花丸文庫BLACK カ−2−1

出版社名 白泉社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-592-85104-2
4-592-85104-8
税込価格 723円
頁数・縦 238P 15cm

商品内容

要旨

弟の仁志が死んだのは自分のせい―。自責の念に駆られ、満月の夜が来るたびに男に身を任せて自らを戒めていた孝志。そこで出会った松田になぜか心を奪われ、同じ男とは二度と寝ないと決めていたのに再び会う約束をしてしまった。体の相性が良すぎることを盾に松田からも熱心に口説かれ、孝志は次第に自分を律することが難しくなっていく。深い快楽を覚えさせられて、孝志は罪を背負う自分が満たされていいのかと戸惑う。しかし、激しい情欲と悦楽に抗うことができず、松田の恋人になると決意した矢先、彼が突然「仁志は俺だ」と言ってきて…。

出版社・メーカーコメント

弟の死に囚われ罪悪感を抱く孝志は、満月の夜に偶然セックスをした松田に口説かれて恋人になった。愛欲に塗れ満たされた時を過ごすが、松田から死んだはずの弟は自分だと言われ……。2013年5月刊。