• 本

休む技術 かしこくコスパを上げる大人のオン・オフ術

出版社名 大和書房
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-479-78260-5
4-479-78260-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 175P 19cm

商品内容

要旨

休憩か?仕事か?と迷ったら?やることがありすぎて「今、何をすればいいんだっけ」と混乱したら?大失敗のダメージにくじけそうになったら?休んでも休んだ気がしなくなったら?そんなときこそ、上手に休んで切り替えよう。こころもからだも人間関係も「やらなきゃダメ」も…かしこいオフで効率アップ。

目次

1章 暮らしをゆるめてこまめに休む技術(せっかく休んでも、休んだ気になれないのはなぜ?
「仕事の不安」が休みをつまらなくしている ほか)
2章 からだをゆるめて休ませる技術(その眠気、「睡眠不足症候群」です
睡眠の取り方を変えれば、パフォーマンスを上げられる ほか)
3章 上手に休んでパフォーマンスを上げる技術(仕事モードをリラックスモードに一瞬で変える方法
休憩でワーキングメモリの機能をチャージする ほか)
4章 人間関係を休む技術(「気を遣いすぎて疲れる」こころの奥には、対人不安が潜んでいます
つらくなったら、人間関係を「休む」日があってもいい ほか)
5章 「やらなきゃダメ」を休む技術(予定に追われて毎日イライラしていたら
頑張り屋さんだって、休まなければ息切れするのは当たり前 ほか)

出版社
商品紹介

真面目な日本人は休み下手。でも、仕事と休日の境目が曖昧な現代だからこそ上手に休まなくては。心と体をゆるめるヒントを満載。

おすすめコメント

モヤモヤ、不安は「もと」がわかれば9割消える!怒り、ジェラシー、焦り、緊張…。ままならない感情を受け入れて上手に付き合う44のコツを、精神科医がアドバイス。

著者紹介

西多 昌規 (ニシダ マサキ)  
精神科医・医学博士。自治医科大学精神医学教室・講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。国立精神・神経医療研究センター、ハーバード・メディカル・スクール研究員を経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など、資格多数。スリープクリニック銀座でも診療を行うほか、企業の精神科産業医として、メンタルヘルスの問題にも取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)