• 本

日本の血脈

文春文庫 い88−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-16-783864-5
4-16-783864-8
税込価格 847円
頁数・縦 429P 16cm

商品内容

要旨

血の継承にこそ存在意義のある皇室はいうに及ばず、政財界から芸能界まで、この世は二世、三世で溢れかえっている。日本人を惹きつけてやまない血のロマン―。しかし、その裏には、末裔のみぞ知る、いや、末裔ですら知りえない先人たちの波瀾万丈があった。注目の人士の家系をたどり、日本人の血脈意識に斬り込んだ意欲作。

目次

女系家族―小泉進次郎
癒されぬ子ども―香川照之
哀しき父への鎮魂歌―中島みゆき
土地の亡者と五人の女―堤康次郎
ひとりぼっちの豪邸―小沢一郎
影を背負って―谷垣禎一
流血が産んだアート―オノ・ヨーコ
遅れてきた指揮者―小澤征爾
皇室で掴んだ幸せ―秋篠宮紀子妃
母が授けた改革精神―美智子皇后

出版社・メーカーコメント

月刊誌『文藝春秋』連載時から大きな反響を読んだノンフィクション・シリーズ「現代の家系」が、文庫オリジナル版として1冊にまとまりました。小泉進次郎、香川照之、中島みゆき、小沢一郎、オノ・ヨーコ、美智子皇后……。政財界から芸能界、皇室まで、注目の人士の家系をたどり、末裔のみぞ知る(時に末裔ですら知りえない)逸話を発掘した、調査報道の精華というべきレポート。なぜ日本人は、かくも家系や血筋に拘るのか。その答えの一端が見えてくることでしょう。(KK)

著者紹介

石井 妙子 (イシイ タエコ)  
1969年、神奈川県生まれ。白百合女子大学卒業、同大学院修士課程修了。囲碁観戦記者。ノンフィクション作家。約5年を費やして取材、執筆した『おそめ 伝説の銀座マダム』(新潮文庫)で、講談社ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞の最終候補となる。綿密な取材にもとづく人物評伝は、各方面で高い評価を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)