• 本

被災地から問うこの国のかたち

イースト新書 001

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-7816-5001-2
4-7816-5001-5
税込価格 946円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

平時のシステムと論理でなにが復興か!福島を代表する三賢者が魂の底から問う「この国の病根」。

目次

第1章 言葉の力を信じてふくしまからの提言
第2章 溶融する原発周辺地域の市町村
第3章 福島に生きる福島を生きる
第4章 福島が始まりの土地になる
第5章 震災二年を語る

出版社・メーカーコメント

「聴きたい曲があるの。でも、リクエストできない。泣いちゃう。亡くなった息子が好きだったの。『巨人の星』のテーマ。その子の思い出も何もないの。探そうにも、20キロ圏内だから、もう戻れない」。福島県民の70代の女性が、避難所でふと漏らしたつぶやき″である。和合亮一氏は「ここに福島の震災のすべてがある」と断言する。2011年3月15日午後の放射線量は、なぜか福島のエリアだけ情報隠ぺいされていた。つまり、「大本営発表は嘘だった」と指摘する玄侑宗久氏。「福島が始まりの土地になる」と説く赤坂憲雄氏。三人の福島を代表する賢者が魂の底から問う「現代版この国のかたち」

著者紹介

玄侑 宗久 (ゲンユウ ソウキュウ)  
1956年福島県三春町生まれ。慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。作家。福聚寺住職。さまざまな職業を経験したのち、2001年『中陰の花』第125回芥川賞を受賞。2011年東日本大震災後、政府の復興構想会議委員を務める
和合 亮一 (ワゴウ リョウイチ)  
1968年福島市生まれ。福島大学教育学部卒業。詩人。高校教師。第1詩集「After」で第4回中原中也賞受賞。第4詩集「地球頭脳詩篇」で第47回晩翠賞受賞。2011年3月11日の東日本大震災以降、ツイッター上で四重苦の福島の現況を詩で発表
赤坂 憲雄 (アカサカ ノリオ)  
1953年東京生まれ。東京大学文学部卒業。民俗学者。学習院大学教授。福島県立博物館館長。1999年『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』でドゥマゴ文学賞受賞。2008年同書で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2011年東日本大震災後、政府の復興構想会議委員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)