• 本

なぜ理系に進む女性は少ないのか? トップ研究者による15の論争

出版社名 西村書店
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-89013-689-6
4-89013-689-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 408P 20cm

商品内容

要旨

男女で生まれつきの能力差があるのか?米ハーバード大学学長サマーズの発言をきっかけにした論争に対し、欧米のトップクラスの研究者が見解を展開!

目次

1 背景設定(理系分野の女性についての客観的な議論をめざして)
2 論説(理系分野のトップにいる女性たち
数の問題か?質の問題か?
数学は天賦の才か?―女性を危険にさらす考え
性・数学・科学
科学を重要視する―空間認知能力の性差についての論理的な考察
科学の専門性を身につける個人的特性の性差 ほか)
3 結論(近づこうとして離れてしまう?共有するエビデンスが対立する見解を導く)

著者紹介

セシ,スティーブン・J. (セシ,スティーブンJ.)   Ceci,Stephen J.
コーネル大学発達心理学教授。業績の集団差、知的発達、性差の解消など多岐にわたる研究を行っている。米国科学協議会認知・感覚・行動科学委員、米国科学協会諮問委員を務める。米国心理学会、心理科学協会、米国発達科学学会の特別会員
ウィリアムス,ウェンディ・M. (ウィリアムス,ウェンディM.)   Williams,Wendy M.
コーネル大学人間発達専攻教授。知能および知能関連能力についての発達や評価、訓練、社会的影響について研究している。米国心理学協会や米国心理学会の理事を務める
大隅 典子 (オオスミ ノリコ)  
東北大学大学院医学系研究科教授。専門は発生発達神経科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)