• 本

縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿

だいわ文庫 56−11I

出版社名 大和書房
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-479-30435-7
4-479-30435-5
税込価格 715円
頁数・縦 317P 15cm

商品内容

要旨

資産家の古代史研究家が自著の出版記念パーティ当日に殺害された。死体の周囲に土器の破片が散らばる現場は、密室としか思えない。同じころ、青森の縄文時代の遺跡でも刺殺死体が発見される。ふたつの事件をつなぐのは古代史の常識をくつがえす新発見―!?歴史研究家兼ライター・月村弘平が、警視庁捜査一課新米刑事の恋人夕湖とともに殺人事件の謎に挑む。時代小説で絶大な人気を誇るベストセラー作家の新境地!過去と現代が錯綜し隠されていた愛情と憎悪が浮かび上がる、待望の書き下ろしミステリー。

出版社・メーカーコメント

東京と青森で見つかった二つの遺体。密室、13年前の死、古代史の謎。八丁堀同心の血を引くイケメン歴史研究家が難事件に挑む!

著者紹介

風野 真知雄 (カゼノ マチオ)  
1951年福島県生まれ。立教大学法学部卒業。1993年『黒牛と妖怪』で第17回歴史文学賞を受賞。2002年、第1回北東文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)