• 本

実践アジアのインフラ・ビジネス 最前線の現場から見た制度・市場・企業とファイナンス

出版社名 日本評論社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-535-55684-3
4-535-55684-9
税込価格 3,240円
頁数・縦 266P 22cm

商品内容

要旨

最前線の生きた情報満載!この1冊がインフラ・ビジネスを成功に導く。アジア16の国・地域における制度・市場・企業・金融機関を徹底紹介。インフラ・ビジネスを成功に導くリスク対策と資金調達方法を伝授。

目次

第1章 インフラ・ビジネスと日本(定義とビジネス・モデル
日本政府の取組み
日本企業の海外展開と課題)
第2章 インフラ・ビジネスの動向(電力事業
水事業
運輸事業)
第3章 インフラ・ビジネスのリスク(事業リスクの種類
政治・政策行為に起因するリスク
商業行為に起因するリスク
自然減少に起因するリスク
相手国政府・政府機関とのリスク分担)
第4章 インフラ制度と市場(インフラ制度の概要
インフラ市場の概要
各国インフラ市場の有望度
各国インフラ制度と市場)
第5章 インフラ関連企業と金融機関(インフラ関連企業の特徴
コングロマリット系
エネルギー・インフラ専業系
メーカー・エンジニアリング系
アジアで活躍する金融機関
インフラ・ファイナンス市場の動向)

出版社
商品紹介

アジア16カ国の制度、市場、企業、金融機関を紹介し、ビジネスを成功に導くリスク対策と資金調達法を伝授した、実践的マニュアル。

著者紹介

加賀 隆一 (カガ リュウイチ)  
1980年に政府系金融機関である日本輸出入銀行(現在の国際協力銀行)へ入行。東南アジア課長、プロジェクトファイナンス部長等を経て、アジア大洋州地域拠点長として同地域の業務を統括(香港・シンガポール駐在)。この間に、ロンドンの日本興業銀行(現在のみずほコーポレート銀行)およびシンガポールのPricewaterhouseCoopers Project Advisory社へ出向。世界銀行研究所の客員講師(インフラ担当)および米国の港湾会社であるLos Angeles Export Terminal社の取締役に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)