• 本

アルファベット・パズラーズ

創元推理文庫 Mお9−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-488-42911-9
4-488-42911-4
税込価格 902円
頁数・縦 376P 15cm

商品内容

要旨

警視庁捜査一課刑事の後藤慎司、翻訳家の奈良井明世、精神科医の竹野理絵は、彼らが住むマンションのオーナー峰原卓の部屋に集まり推理合戦に興じる。指紋照合システムに守られた部屋で発見された死体、クルーズ船の殺人現場に残された奇妙なダイイング・メッセージ、三転四転する悪魔的な誘拐爆殺事件―名探偵の推理と意外な真相を鮮やかに描く、本格推理界の俊英第一の著書。

著者紹介

大山 誠一郎 (オオヤマ セイイチロウ)  
1971年埼玉県生まれ。京都大学在学中は推理小説研究会に所属。2002年、e‐NOVELSにて短編「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」を発表。04年には初の著書となった『アルファベット・パズラーズ』で本格的なデビューを遂げる。13年、『密室蒐集家』で第13回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)