• 本

フィールドは問う 越境するアジア

出版社名 関西学院大学先端社会研究所
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-86283-138-5
4-86283-138-9
税込価格 990円
頁数・縦 106P 21cm

商品内容

目次

第1章 流通の広域化と「肉売りカースト」―ネパールの食肉業に携わる人々の日常実践
第2章 結婚が創ったカースト―スリランカのエステート・タミルと「閉じないまとまり」
第3章 観光開発をめぐる歴史的文化遺産の真正性―中国雲南省新平イ族タイ族自治県戛洒鎮を事例に
第4章 フィールドを歩く、出会う、考える、再解釈する―岡山でのフィールド調査を振り返って

著者紹介

山口 覚 (ヤマグチ サトシ)  
関西学院大学文学部教授。博士(地理学)。専門は、社会地理学、都市生活、移住
中川 加奈子 (ナカガワ カナコ)  
関西学院大学先端社会研究所・専任リサーチアシスタント。関西学院大学社会学研究科博士課程単位取得満期退学(2007年)、博士学位キャンディデート認定取得(2012年)。専門は、文化人類学、社会学、ネパール地域研究
鈴木 晋介 (スズキ シンスケ)  
関西学院大学先端社会研究所・専任研究員。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学(2004年)、博士(文学)(2011年、総合研究大学院大学)。専門は文化人類学。フィールドはスリランカ。日本の青果物流通も主要研究テーマ
林 梅 (リン メイ)  
関西学院大学先端社会研究所・専任研究員。関西学院大学社会学研究科博士課程後期課程修了。博士(社会学)、2012年。専門は村落社会学、少数民族研究、社会調査
川端 浩平 (カワバタ コウヘイ)  
関西学院大学先端社会研究所・専任研究員。オーストラリア国立大学アジア学部アジア社会・歴史センター博士課程修了、Ph.D.(2006年)。専門は社会学、日本研究(Japanese Studies)。関西学院大学大学院社会学研究科大学院GP特任助教、京都大学GCOE「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」研究員を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)