• 本

犬を殺すのは誰か ペット流通の闇

朝日文庫 お68−1

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-02-261770-5
4-02-261770-5
税込価格 682円
頁数・縦 211,74P 15cm

商品内容

要旨

売れ残った子犬を冷蔵庫に入れて殺すペットショップ。違法業者たちがはびこるオークション販売。そして「飽きてしまった」という身勝手な飼い主たち。ペットブームの水面下に潜む「犬ビジネスの闇」に厳然と迫る。動物愛護法改正の舞台裏を大幅加筆。

目次

第1章 命のバーゲンセール(氷山の一角
「抱っこさせたら勝ち」商法 ほか)
第2章 「幼齢犬」人気が生む「欠陥商品」(「8週齢」未満の販売を欧米は規制
野放しのネットオークション ほか)
第3章 隔週木曜日は「捨て犬の日」(命を奪う「住民サービス」
「安楽死」導入した下関市 ほか)
第4章 ドイツの常識、日本の非常識(98%に新たな飼い主
虐待に罰則、「犬税」も ほか)
第5章 改正動物愛護法「骨抜き」の舞台裏(愛犬政治家たちの考え
ペット業界の巻き返し ほか)

著者紹介

太田 匡彦 (オオタ マサヒコ)  
1976年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。2001年朝日新聞社入社。経済部記者として流通業界などを取材し、2007年9月からアエラ編集部員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)