• 本

大本営

読みなおす日本史

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-642-06396-8
4-642-06396-X
税込価格 2,420円
頁数・縦 232P 19cm

商品内容

要旨

戦争に際して、政府と軍部、陸軍と海軍、中央と出先の利害を調整し、国家が一丸となって対処するべく設置された大本営。日清・日露戦争、日中戦争においていかに機能したのか、組織と運営の変容の歴史を分析した名著。

目次

概観
1 軍中央機構の創設と拡充
2 日清戦争と戦時大本営
3 日露戦争と大本営
4 日露戦争後から満州事変へ
5 支那事変と大本営
6 大東亜戦争と大本営

出版社
商品紹介

天皇直属の最高統帥機関であった大本営は、日清・日露戦争、日中戦争でいかに機能したのか。組織と運営の変容の歴史を分析した名著。

著者紹介

森松 俊夫 (モリマツ トシオ)  
1920年京都府に生まれる。1940年陸軍士官学校卒業。終戦時陸軍少佐。陸上自衛隊教官、防衛研修所戦史編纂官を歴任。2011年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)