• 本

タモリ論

新潮新書 527

出版社名 新潮社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-10-610527-2
4-10-610527-6
税込価格 748円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

タモリの本当の“凄さ”って何だろう。なぜ三十年以上も毎日生放送の司会を超然と続けられるのか。サングラスの奥に隠された孤独や絶望とは―。デビュー作でその愛を告白した小説家が、秘蔵の「タモリうんちく」を駆使して、この男の狂気と神髄に迫る。出生や私生活にまつわる伝説、私的「笑っていいとも!」名場面、ビートたけしや明石家さんまとの比較等、読めばあなたの“タモリ観”が一変する、革命的芸人論!

目次

第1章 僕のタモリブレイク
第2章 わが追憶の「笑っていいとも!」
第3章 偉大なる“盗人”ビートたけし
第4章 明石家さんまこそ真の「絶望大王」である
第5章 聖地巡礼
第6章 フジテレビの落日、「いいとも!」の終焉

出版社・メーカーコメント

やっぱり凄い! 異才の小説家が、サングラスの奥に隠された狂気と神髄に迫る、革命的芸人論。タモリの本当の“凄さ”って何だろう。なぜ三十年以上も毎日生放送の司会を超然と続けられるのか。サングラスの奥に隠された孤独や絶望とは――。デビュー作でその愛を告白した小説家が、秘蔵の「タモリうんちく」を駆使して、この男の狂気と神髄に迫る。出生や私生活にまつわる伝説、私的「笑っていいとも!」名場面、ビートたけしや明石家さんまとの比較等、読めばあなたの“タモリ観”が一変する、革命的芸人論!

著者紹介

樋口 毅宏 (ヒグチ タケヒロ)  
1971(昭和46)年東京都豊島区雑司ヶ谷生まれ。作家。出版社勤務を経て、09年『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)