• 本

日本の深海 資源と生物のフロンティア

ブルーバックス B−1824

出版社名 講談社
出版年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-06-257824-0
4-06-257824-7
税込価格 880円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

日本の「海の広さ」は世界第6位で、そのほとんどが深海である。つまり、日本は世界屈指の「深海大国」といえる。実像はこれまで謎に包まれていたが、調査船の進歩などにより、少しずつ明らかになってきた。それは、私たちが想像していたよりもはるかに豊かな世界である。地形、資源、生物、環境など、多角的な視点で紹介する。

目次

第1章 深海底への旅(日本列島に刻まれた深海の記憶
日本の深海底を旅する)
第2章 深海に眠る資源(メタンハイドレート
熱水鉱床 ほか)
第3章 深海の生物たち(日本近海の深海生物
深海生物を巡る旅 ほか)
第4章 深海と地球環境(地球の気候を支える海
深層水は地球を回る ほか)
第5章 深海から見た東日本大震災(震源域の海底でなにが起きていたのか
海はよみがえるか)

出版社・メーカーコメント

日本の管轄海域面積は世界第6位で、その多くは深海。世界屈指の深海大国・日本の海底地形、資源、生物、環境など実像を紹介する。東京湾のすぐ近くの相模湾の水深は1600メートル。さらに隣の駿河湾は水深2500メートルという深さ。どのくらいの深さを深海と呼ぶのかは厳密に決まっているわけではないが、海洋生物学では、水深200メートルより深い海と定義することが多い。地質学では水深2000メートルより深い海が目安となっている。どちらにせよ、日本の海はほとんどが深海である。日本は小さな島国で、領土面積は世界第61位にすぎない。しかし領海と排他的経済水域を合計した面積では世界第6位である。水深5000メートルより深い海域の体積は、世界第1位というデータもある。つまり、日本は「深海大国」なのである。身近にありながら、海面の下を見通すことができないために、深海は永く未知の世界であった。しかし、調査船などの進歩もあり、いま、深海は少しずつその真の姿を私たちの前に現している。深海大国・日本。ようやくわかりはじめてきた、その豊かで変化に富んだ海の姿を紹介する。

著者紹介

瀧澤 美奈子 (タキザワ ミナコ)  
東京理科大学理工学部物理学科卒、お茶の水女子大学理学研究科物理学専攻修了、修士。科学ジャーナリスト。日本科学技術ジャーナリスト会議理事、慶応義塾大学大学院非常勤講師。文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員、内閣府独立行政法人評価委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)