• 本

ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方

出版社名 CCCメディアハウス
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-484-13112-2
4-484-13112-9
税込価格 1,870円
頁数・縦 253P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

現代が予測不能な時代であることは、我々の共通認識といってもいいだろう。しかし我々はそんな不透明な未来に向けて、ビジネスの世界で、あるいは人生のさまざまな場面で、問題を解決したり、新しい商品・サービスやアイデアを創りだしたりしていかなくてはならない。予測不能を乗り越え、新しいものを創りだす代表的な存在が起業家である。本書では、成功した起業家たちに共通する、不透明な世界に「新しいもの」を提供するための行動原理を分析、紹介。我々が慣れ親しんだ、あらかじめ予測してリスクを回避しながら事を進める方法を「プレディクション」、それに対して起業家たちのとるやり方を「クリアクション」と呼び、両者を対比しながら論じている。主著者のレオナード・A・シュレシンジャーは、起業家教育で全米トップクラスの評価を得ているバブソン大学の学長を2013年6月まで5年間務めた。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2013年10月23日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

まず行動し、リスクを受け入れ、未来を築く。プレディクション(予測)+クリアクション(創造×行動)=誰でも起業家のように考え、行動できる。アントレプレナーシップ教育において20年連続全米ナンバーワンのバブソン大学が教える、起業家精神の本質。

目次

1 未知の状況に直面したら(未来を予測できない場合にどうするか
何はさておき欲求)
2 不確実なことにチャレンジする(手近な手段で行動開始
許容損害を決める
学んだことを活かす
協力者を作る)
3 クリアクションを実践する(現在の結果としての未来―プレディクションとクリアクションの使い分け
不確実に備える―仕事でのクリアクション活用法
日常生活におけるクリアクション
クリアクションで世界を変える)

出版社
商品紹介

アントレプレナーシップ教育で全米ナンバーワンの評価を受けるバブソン大学学長が教える不確実な時代を生き抜くために必要なこと。

著者紹介

シュレシンジャー,レオナード・A. (シュレシンジャー,レオナードA.)   Schlesinger,Leonard A.
ハーバード・ビジネススクールで20年間教鞭をとった後、アパレル大手のLimited Brands Inc.副会長兼営業部長を経て、2008年7月、バブソン大学第12代学長に就任。現在は同学名誉学長およびハーバード・ビバネススクール(ベイカー財団記念講座)教授。ハーバード大学で博士号、コロンビア大学でMBA、ブラウン大学で文学士号を取得
キーファー,チャールズ・F. (キーファー,チャールズF.)   Kiefer,Charles F.
マサチューセッツ工科大学で物理学および経営学を専攻。米上院やマサチューセッツ工科大学などの職員を経て、「組織学習」と呼ばれる概念および手法を提唱する企業経営コンサルティング会社Innovation Associates Inc.を設立、現在も会長を務める
ブラウン,ポール・B. (ブラウン,ポールB.)   Brown,Paul B.
ニュージャージー州立ラドガース大学で文学士号および法学博士号を取得。「ビジネス・ウィーク」「フィナンシャル・ワールド」「フォーブス」などの経済誌の記者・編集者を経て、現在は「ニューヨーク・タイムズ」にコラム“What’s Offline”を執筆中
清水 由貴子 (シミズ ユキコ)  
1968年生まれ、東京都出身。上智大学外国語学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)