• 本

学んでみると気候学はおもしろい

BERET SCIENCE

出版社名 ベレ出版
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-86064-362-1
4-86064-362-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 261P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「気候」という言葉の意味から、地球温暖化の最新研究まで、気候学の基本をしっかり学べる入門書。世界の気候、日本の気候、身近な気候を紹介するとともに、その成り立ちや現象のメカニズムについても解説。話題によっては、大学の専門過程で勉強するような内容まで踏み込んで、最新の研究成果も紹介。数式や難しい理論の代わりに挿絵を多く用いて、気候の成り立ちや現象のメカニズムをイメージしやすくなるように解説した。

目次

第1章 気候学と気象学
第2章 日本の気候
第3章 身近な気候
第4章 世界の気候
第5章 地球温暖化と都市の温暖化
第6章 もっと気候を知りたい方へ

出版社
商品紹介

気候学を学ぶことは気候問題を考える上で必須。本書は基礎から気候問題、地球大気の見方まで解説する。気象に関心のある人にも最適。

著者紹介

日下 博幸 (クサカ ヒロユキ)  
筑波大学生命環境系(計算科学研究センター)准教授、博士(理学)。1970年生まれ(千葉県出身)。筑波大学大学院環境科学研究科修了。(財)電力中央研究所環境科学部研究員、同研究所流体科学領域主任研究員、米国大気研究センター客員研究員、筑波大学計算科学研究センター講師を経て現職。専門は気候学・気象学。とくに、都市気候や局地風といった小気候。観測や数値モデルを用いて、実態調査、要因解明、将来予測を行なっている。大学では、計算科学研究センターで研究活動に従事するとともに、生命環境学群地球学類、大学院生命環境科学研究科地球科学専攻、地球環境科学専攻、環境科学専攻で、気候学・気象学の授業や研究指導を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)