• 本

銀幕おもいで話 映画人生エッセイ

双葉文庫 た−37−01

出版社名 双葉社
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-575-71401-2
4-575-71401-1
税込価格 607円
頁数・縦 198P 15cm

商品内容

要旨

東映元社長・高岩淡氏が綴る、昭和の映画界を彩った銀幕スターたちとの思い出。高倉健、萬屋錦之介、鶴田浩二、藤純子、松坂慶子、仲代達矢、夏目雅子…日本映画界を力強く牽引してきた彼らを、進行役、プロデューサーとして近くで見続けてきた高岩氏だからこそ知る、珠玉のエピソードの数々。

目次

第1章 高倉健―義理と人情
第2章 萬屋錦之介―純真すぎたスター
第3章 鶴田浩二―演技を超えた演技
第4章 藤純子―確執と絆
第5章 深作欣二―破天荒な時代
第6章 松坂慶子―情熱の女
第7章 仲代達矢―究極の役者魂

著者紹介

高岩 淡 (タカイワ タン)  
1930年福岡県生まれ。九州大学経済学部卒。54年東映に入社。京都撮影所で製作管理・進行に携わる。71年取締役京都撮影所長。78年常務。86年専務を経て、93年に社長に就任。02年会長。06年相談役。日本アカデミー賞協会会長、東映京都スタジオ社長、東映音楽出版社長、東映ビデオ社長、東映アニメーション取締役なども歴任した。自らも数々の映画をプロデュースしたほか、東映太奏映画村の開設なども手がけた。12年に東映のすべての役職を退き、現在、東映京都撮影所に程近い嵯峨嵐山に暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)