• 本

言霊とは何か 古代日本人の信仰を読み解く

中公新書 2230

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-12-102230-1
4-12-102230-0
税込価格 902円
頁数・縦 241P 18cm

商品内容

要旨

古代日本人は、ことばには不思議な霊威が宿ると信じ、それを「言霊」と呼んだ。この素朴な信仰の実像を求めて、『古事記』『日本書紀』『風土記』の神話や伝説、『万葉集』の歌など文献を丹念に渉猟。「言霊」が、どのような状況でいかなる威力を発揮するものだったのか、実例を挙げて具体的に検証していく。近世の国学者による理念的な言霊観が生み出した従来のイメージを覆し、古代日本人の信仰を描き出す。

目次

序章 『万葉集』の「言霊」―言と霊と神と
第1章 呪文の威力―神と人と
第2章 国見・国讃め―支配者の資格
第3章 国産み・死の起源―生と死の導入
第4章 発言のし直し―状況の転換
第5章 タブーと恥―一方的な発言
第6章 偽りの夢合わせ―妻の発言
第7章 名前へのこだわり―実体との対応
終章 古代日本人の言霊―神のことばがもつ霊力

著者紹介

佐佐木 隆 (ササキ タカシ)  
1950年(昭和25年)、青森県に生まれる。東洋大学文学部専任講師・助教授を経て、学習院大学文学部教授。専攻は日本語史・古代文献学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)