• 本

たったひとつの花だから

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-12-004520-2
4-12-004520-X
税込価格 1,430円
頁数・縦 196P 20cm

商品内容

要旨

希…18歳。ギャル雑誌のカリスマ読者モデル。沙紀…23歳。美容師。亜里紗…30歳。服飾デザイナー。妙子…42歳。インポートショップ・オーナー。バツイチ。静子…55歳。元キャビン・アテンダント。そして、翼…フラワーショップ「花言葉」店長。五人の女性を愛するって罪ですか?純粋過ぎる想いが、愛する人を傷つける…。その生い立ちゆえに、複数の女性を同時に愛する青年の、真実の愛を探す物語。

出版社
商品紹介

遊びじゃない、ひとりひとりが、本命なんだ−−。十代から五十代、五人の女性を同時に愛してしまった青年の、真実の愛を探す物語。

著者紹介

新堂 冬樹 (シンドウ フユキ)  
1998年「血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)