• 本

病の皇帝「がん」に挑む 人類4000年の苦闘 上

出版社名 早川書房
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-15-209395-0
4-15-209395-1
税込価格 2,310円
頁数・縦 418P 20cm
シリーズ名 病の皇帝「がん」に挑む

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 「がん」と言う病はまさに「病の皇帝」と呼ぶにふさわしい。古代エジプトから現代までの4000年の人類の歴史の中で、がんは治すことの出来ない病として人類の上に君臨して来た。この本は、そのがんと患者、医師、研究者たちとの壮絶な戦いを描いた人間ドラマ。血液のがんである白血病の子どもたちのエピソードは涙無くして読むことが出来ない。第二次大戦の化学兵器から生まれた抗がん剤、その開発の歴史。手術法の劇的とも言える進歩。骨髄移植。そして分子生物学によるがんの発症メカニズムの解明と治療法の開発。人類は今ようやくがんを克服するための手段を獲得しつつある。息もつかせぬエピソードの連続。魅力溢れる一冊である。

    (2014年7月18日)

商品内容

要旨

地球全体で、年間700万以上の人命を奪うがん。紀元前の昔から現代まで、人間を苦しめてきた「病の皇帝」の真の姿を、患者、医師の苦闘の歴史をとおして迫真の筆致で明らかにし、ピュリッツァー賞、ガーディアン賞を受賞した傑作ノンフィクション。

目次

第1部 「沸き立たない黒胆汁」(「血液化膿症」
「ギロチンよりも飽くことを知らない怪物」
ファーバーの挑戦状 ほか)
第2部 せっかちな闘い(「社会を形成する」
「化学療法の新しい友人」
「肉屋」 ほか)
第3部 「よくならなかったら、先生はわたしを見捨てるのですか?」(「われわれは神を信じる。だがそれ以外はすべて、データが必要だ」
「微笑む腫瘍医」
敵を知る ほか)

出版社
商品紹介

地球全体で、年間七百万人の命を奪うがん。紀元前の昔から人間を苦しめてきた「病の皇帝」の真の姿を、迫真の筆致で明らかにする。(下)も発売。

出版社・メーカーコメント

古代エジプトのパピルスにイムホテプはこう記した「この病の治療法はない」。この病を「カルキノス」と呼んだ医聖ヒポクラテスもまた「がんは治療しないほうがよい。そのほうがより長く生きるから」と述べている。人類は4000年にわたって、この怖るべき病気と闘い続けてきた。 外科手術による病巣の切除、X線による放射線療法、抗がん剤と骨髄移植を組み合わせた超大量化学療法、さらに「がんに対する魔法の弾丸」になると期待される分子標的療法……不治の病から治癒可能な病へといたるその治療の歴史と、「がん」をめぐる患者、医師、研究者たちの人間ドラマを見事に描きだした「病の皇帝」がんの伝記。

著者紹介

ムカジー,シッダールタ (ムカジー,シッダールタ)   Mukherjee,Siddhartha
腫瘍内科医で、がん研究者。現在はコロンビア大学医学部准教授、およびコロンビア大学メディカル・センターの指導医を務める。1970年、インドのニューデリーの生まれ。デリーの高校を卒業後、スタンフォード大学で生物学を学んだあと、ローズ奨学金を獲得してオックスフォード大学に入学。卒業後、ハーバード大学医学大学院に進む。大学院修了後は、ボストンのダナ・ファーバーがん研究所とマサチューセッツ総合病院でがん医療(腫瘍内科学)の専門研修を開始する
田中 文 (タナカ フミ)  
東北大学医学部卒。医師、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)