• 本

ピア・ラーニング 学びあいの心理学

出版社名 金子書房
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-7608-3256-9
4-7608-3256-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 243P 21cm

商品内容

要旨

仲間とともに学び、教え合い、学習のリソースを分かち合うことでより深く広い学習をめざすピア・ラーニングの理論と実践。

目次

ピア・ラーニングとは
第1部 ピア・ラーニングを構成する諸理論(必要な援助を求める―学業的援助要請
人と比べ合って学ぶ―社会的比較
ピアとかかわる動機づけ
何をめざして学ぶか―目標理論の視点から
ピアとともに自ら学ぶ―自己調整学習の視点から
「一人で読む」を超えて―ピアは理解をどう変えるか
子どもはピアに援助をどう求めるか―被援助志向性研究からみたピア・ラーニング)
第2部 ピア・ラーニングを促進する過程(協同による問題解決過程
ピアを介した概念変化のプロセス
メタ認知におけるピアの役割)
第3部 ピア・ラーニングの展開(協同による教育実践の創造
日本語教育におけるピア・ラーニング
発達に遅れや凸凹のある子どもの協同)
豊かな学びあいに向けて―ピア・ラーニングの展望

出版社
商品紹介

仲間とともに学び、教えあい、学習のリソースを分かち合うことで、より深く広い学習をめざすピア・ラーニングの理論と実践。

著者紹介

中谷 素之 (ナカヤ モトユキ)  
1967年静岡県に生まれる。名古屋大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。三重大学教育学部准教授、大阪大学大学院人間科学研究科准教授などを経て、名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授、博士(心理学)
伊藤 崇達 (イトウ タカミチ)  
1972年大阪府に生まれる。名古屋大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。神戸常盤短期大学専任講師、愛知教育大学教育学部准教授などを経て、京都教育大学教育学部准教授、博士(心理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)