• 本

高学歴男はなぜモテないのか

扶桑社新書 142

出版社名 扶桑社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-594-06878-3
4-594-06878-2
税込価格 792円
頁数・縦 190P 18cm

商品内容

要旨

「過去の栄光」を語るとき、男はブサイクになる、上から目線のアドバイスは、女にとっちゃ「クソバイス」!格下の男をバカにする男を、女はカモにする、「さりげないオシャレ」ほど悪目立ちする、「(笑)」をつければ何を言っても許されると思うな!年賀状に「名言」を書くと、説教好きと思われる、女が男に萌えるポイントは、かっこよさより「マヌケ力」。すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ。

目次

第1章 高学歴男はなぜモテないのか(「高学歴男」はモテそうでモテないという生き地獄
「俺は何でも知っている!」という自己顕示欲 ほか)
第2章 高収入男はなぜブーイングされるのか(高収入男の「無敵感」はすべて幻想!
「カネがあるから何をやっても許される」という驕り ほか)
第3章 高プライド男はなぜモテないのか(「俺ってプライド高いから」と言う男は確実にモテない
実は自分に自信がないが、プライドだけが高い ほか)
第4章 痛男!(「痛い」と言われる男の共通点とは?
そのモテテク、間違ってます! ほか)

著者紹介

犬山 紙子 (イヌヤマ カミコ)  
’81年生まれ。エッセイスト。イラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)