• 本

トコトンやさしい土壌汚染の本

B&Tブックス 今日からモノ知りシリーズ

出版社名 日刊工業新聞社
出版年月 2013年8月
ISBNコード 978-4-526-07114-0
4-526-07114-5
税込価格 1,512円
頁数・縦 154P 21cm

商品内容

要旨

日本の土壌汚染は、古くは鉱山の鉱毒水にはじまり、工場跡地の再開発での汚染の頻発、さらには原子力発電所の事故による放射能土壌汚染まで、社会問題として絶えることがない。本書は、そのしくみ、対策・防止法を解説するとともに、人体への影響、資産価値、土地評価などへの影響も含め、わかりやすく解説しています。

目次

第1章 土壌汚染のいろは
第2章 土壌汚染対策法
第3章 土壌汚染の調査
第4章 土壌汚染の対策技術
第5章 リスク管理とリスクコミュニケーション
第6章 放射性物質による土壌汚染

出版社
商品紹介

土壌汚染の歴史、健康被害、土地評価、調査・対策技術までをやさしく解説する。

著者紹介

保坂 義男 (ホサカ ヨシオ)  
1946年栃木県真岡市に生まれる。1970年明治大学工学部工業化学科卒。保坂義男技術士事務所所長。NPO法人土壌汚染技術士ネットワーク理事長
大木 久光 (オオキ ヒサミツ)  
1944年福岡県福岡市に生まれる。1968年九州大学工学部採鉱学科卒業。大木環境研究所代表。NPO法人土壌汚染技術士ネットワーク副理事長、NPO法人除染技術研究開発副理事長
高堂 彰二 (コウドウ ショウジ)  
1957年岡山県倉敷市に生まれる。1981年日本大学理工学部土木工学科卒業。高堂技術士事務所所長。NPO法人土壌汚染技術士ネットワーク副理事長、事務局長。NPO法人地域と行政を支える技術フォーラム理事
大岩 敏男 (オオイワ トシオ)  
1951年山形県米沢市に生まれる。1974年山形大学理学部化学科卒業。2006年山形大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。大岩環境技術士事務所代表。NPO法人土壌汚染技術士ネットワーク理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)