• 本

村上春樹で世界を読む

出版社名 祥伝社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-396-63420-9
4-396-63420-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 275P 20cm

商品内容

要旨

何がここまで私たちの心をとらえるのか。『羊をめぐる冒険』から『“多崎つくる”』まで、深遠なるその物語世界を徹底的に掘り下げた、白熱の対論集。

目次

1 ノルウェイの森
2 羊をめぐる冒険
3 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
4 ダンス・ダンス・ダンス
5 ねじまき鳥クロニクル
6 アンダーグラウンド/約束された場所で underground2
7 海辺のカフカ
8 1Q84
9 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

出版社
商品紹介

国民的作家・村上春樹の代表的作品群を通して、その世界を一望する刺激的な試み。

出版社・メーカーコメント

何がここまで私たちの心をとらえるのか。『羊をめぐる冒険』から『“多崎つくる”』まで、 深遠なるその物語世界を徹底的に掘り下げた、白熱の対論集。『ノルウェイの森』と「無常」の思想/「60年代全共闘」と「理想の共同体」への幻滅/ 『1Q84』「リトル・ピープル」と「空気さなぎ」をどう読み解くか 『ノルウェイの森』の俗世から離れた「阿美寮」という「理想郷」/ハードボイルド、チャンドラー/数へのこだわり、関西文学の系譜/三島由紀夫『豊饒の海』への意識/『羊をめぐる冒険』の“羊”とは何か?/「やれやれ」は消して読もう/『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』とテーマパーク的消費社会/吉本隆明・大江健三郎の影響/「高度資本主義社会」への痛烈な批判/1995年の「阪神淡路大震災」と「地下鉄サリン」/無意識の深みへ、シンクロニシティ〜ユング、河合隼雄/オウム事件への深いコミットメント/『海辺のカフカ』で、連綿と続いた主人公「僕」の系譜は切れたのか?/「カフカ少年」=酒鬼薔薇少年?/『1Q84』という総合小説への執念/「アンチ・アンチ・ロマン作家」/ガラパゴス化した名古屋・日本・昭和・「3.11」とギリシャ神話と『“多崎つくる”』/etc.

著者紹介

重里 徹也 (シゲサト テツヤ)  
1957年大阪市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)ロシア語学科卒。毎日新聞社入社。東京本社学芸部長などを経て現在、論説委員
三輪 太郎 (ミワ タロウ)  
1962年名古屋市生まれ、早稲田大学第一文学部卒。文藝春秋入社、雑誌・書籍の編集に携わる。現在、東海大学文学部文芸創作学科准教授。90年、「『豊饒の海』あるいは夢の折り返し点」で第33回群像新人文学賞評論部門受賞。2006年『ポル・ポトの掌』で第1回日経小説大賞佳作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)