• 本

光待つ場所へ

講談社文庫 つ28−16

出版社名 講談社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-06-277649-3
4-06-277649-9
税込価格 756円
頁数・縦 420P 15cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 辻村深月は期待を裏切らない。読者の期待のハードルは高くなり続けているのにハズレがない。今回も素晴らしい作品5編を収録。文庫書き下ろしの「冷たい光の通学路」にはニヤリとさせられ、ノベルス刊行時に加えられた「アスファルト」は最初ちょっと違うと感じたが回想シーンが青くてイタくて惹き込まれていった。中学の合唱コンクールを描いた「樹氷の街」も各所に”らしさ”がでている。しかし個人的に本書のオススメは「しあわせのこみち」「チハラトーコの物語」の2編。自分が辻村深月に求めているほぼ全てがこの2編にある。

    (2013年9月19日)

商品内容

要旨

大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。文庫書下ろし一編を含む扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。

著者紹介

辻村 深月 (ツジムラ ミズキ)  
1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒。『冷たい校舎の時は止まる』(講談社文庫)で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。『ツナグ』(新潮文庫)で第32回吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』(文藝春秋)で第147回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)