• 本

ミグラード 朗読劇『銀河鉄道の夜』

出版社名 勁草書房
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-326-85189-8
4-326-85189-9
税込価格 2,750円
頁数・縦 124,6P 20cm

商品内容

要旨

宮澤賢治『銀河鉄道の夜』を戯曲化。出演者たちによる脚本と制作ノート、脚本に伴走する書き下ろし小説と楽曲CDを所収。

出版社
商品紹介

古川日出男の朗読劇「銀河鉄道の夜」脚本決定稿を書籍化。柴田元幸、菅啓次郎の小説と小島ケイタニーラブの楽曲を収録。永久保存版。

著者紹介

古川 日出男 (フルカワ ヒデオ)  
1966年生まれ。小説家。主な著書に『LOVE』(新潮文庫、三島由紀夫賞)、『アラビアの夜の種族』(角川文庫、日本推理作家協会賞・日本SF大賞)など。文学の音声化にも積極的に取り組み、CDブックや雑誌付録のDVDなどを発表している
管 啓次郎 (スガ ケイジロウ)  
1958年生まれ。詩人、比較文学者、明治大学教授。主な著書に『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞)など
柴田 元幸 (シバタ モトユキ)  
1954年生まれ。翻訳家、東京大学教授
小島 ケイタニーラブ (コジマ ケイタニーラブ)  
1980年生まれ。ミュージシャン。2009年、バンド「ANIMA」としてHEADZからデビュー以降、ユニット「トワイ」の活動や、古川日出男をはじめ様々のアーティストとコラボレーションを開始。朗読劇『銀河鉄道の夜』では主題歌「フォークダンス」等の作詞・作曲・歌唱の他、野外録音を使用した音響のデザインを手がける。2012年にはソロ作品『小島敬太』(WEATHER/HEADZ)を発表。2013年、舞台芸術祭「フェスティバ/トーキョー13」に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)