• 本

若き日の哀しみ

創元ライブラリ Lキ1−1

出版社名 東京創元社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-488-07072-4
4-488-07072-8
税込価格 972円
頁数・縦 221P 15cm

商品内容

要旨

第二次世界大戦中に少年時代を送った旧ユーゴスラビアの作家ダニロ・キシュ。ユダヤ人であった父親は強制収容所に送られ、帰らぬ人となった。この限りなく美しい自伝的連作短編集は、悲劇をアイロニーと叙情の力で優しく包み込む。犬とこの上なく悲しい別れをする少年アンディはあなた自身でもあるのです。

著者紹介

キシュ,ダニロ (キシュ,ダニロ)   Kis,Danilo
1935年、ユーゴスラビア、スボティツァ市に生まれる。ベオグラード大学比較文学科を卒業後、作家活動に。セルビア・クロアチア語及び文学の講師としてフランス各地で教鞭を取り、1979年にパリに移り住む。1989年、同地に死す。作品は二十以上の言語に翻訳され、国内はもとより、仏、伊、独、米などの数々の賞を受賞
山崎 佳代子 (ヤマサキ カヨコ)  
1956年生まれ。静岡に育つ。北海道大学ロシア文学科卒業後、サラエボ大学に留学、ユーゴスラビア文学史を学び、2003年にベオグラード大学文学部で博士号を取得。現在同大学文学部教授。ベオグラード在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)