• 本

火垂るの墓

文春ジブリ文庫 G−1−4 ジブリの教科書 4

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-16-812003-9
4-16-812003-1
税込価格 626円
頁数・縦 254P 16cm

商品内容

要旨

太平洋戦争末期の神戸。空襲で親を失った14歳と清太と4歳の節子の兄妹はいかに生き、なぜ死なねばならなかったのか。文芸的アニメーションとして世界的に高い評価を得た作品の魅力を、山田洋次監督、與那覇潤、妹尾河童ら豪華執筆陣が語る。名アニメーター近藤喜文のイメージボードほかカラー画も多数収録。

目次

ナビゲーター・山田洋次 弱くてもいい、優しい国へ―『火垂るの墓』私論
1 映画『火垂るの墓』誕生(スタジオジブリ物語『火垂るの墓』編
鈴木敏夫―宮さんが持ってきた「『火垂るの墓』クーデター計画」
高畑勲―「火垂るの墓」と現代の子供たち ほか)
2 『火垂るの墓』の制作現場(キャラクターデザイン・作画監督―近藤喜文「以後のアニメキャラクターに強い影響を与えた節子」
美術監督―山本二三「ここは反抗的だったかなとは思っているんです」
色彩設計―保田道世「焼け野原の世界に合うような絵の具と茶カーボンを作った」 ほか)
3 作品の背景を読み解く(齋藤孝―語りの「心中物」としての『火垂るの墓』
城戸久枝―「母と子と。変容する物語」
from overseas ロジャー・イーバート―火垂るの墓 ほか)

出版社・メーカーコメント

世界が驚いた圧巻のリアリティ 兄妹の死が物語るものとは――。山田洋次、與那覇潤、妹尾河童ら豪華執筆陣が、戦争とアニメーション表現の本質について掘り下げる。