• 本

〈正常〉を救え 精神医学を混乱させるDSM−5への警告

出版社名 講談社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-06-218551-6
4-06-218551-2
税込価格 2,200円
頁数・縦 445P 19cm

商品内容

要旨

2013年、診断マニュアルDSMが大改訂!このままでは健康な患者も薬漬けになる。精神医学の世界的権威から緊急提言!どうやって「正常」と「異常」を線引きするのか?

目次

第1部 傷だらけの正常(何が正常で何が正常でないのか
呪術師から精神科医へ
診断のインフレ)
第2部 健康をむしばむ精神科の流行(過去の流行
現在の流行
未来の流行)
第3部 正常への回帰(診断のインフレを抑制する
賢い消費者
精神医学の最悪と最良)

出版社
商品紹介

世界の精神科医が診断の基準とするDSM。2013年の大改訂は、あまりにも危険?健康な人びとを薬漬けにしかねない近未来を警告。

著者紹介

フランセス,アレン (フランセス,アレン)   Frances,Allen
1942年、米ニューヨーク生まれ。デューク大学医学部名誉教授。DSM‐4作成委員長
大野 裕 (オオノ ユタカ)  
1950年、愛媛県生まれ。慶應義塾大学医学部教授などを経て、現在は国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長。日本認知療法学会理事長。認知療法活用サイト「うつ・不安ネット」監修
青木 創 (アオキ ハジメ)  
1973年、神奈川県生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)