• 本

データ分析ってこうやるんだ!実況講義 身近な統計数字の読み方・使い方

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-478-02617-5
4-478-02617-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 277P 19cm

商品内容

要旨

大量の統計数字が集まるビッグデータ時代の今だからこそ、ビジネス上のデータ分析の多くで求められるのは、膨大なデータからシンプルな特徴をみつけ出す、という読解力。統計学を駆使した複雑な分析に頼ることなく、誰でも身につけて使える技術。

目次

はじめに ケータイ会社が学生のいる家族を優遇するのはなぜか?
第1講 テレビと旅行に関するインターネット調査が役立たずなのはなぜか?―ビッグデータ&統計学ブームの危険性
第2講 米よりパンのほうがインフレ予想に影響が大きいのはなぜか?―折線グラフを読むときの基本
第3講 高学歴のほうが若者の失業率は高いのか?―細かく分けたデータをみるべきとき、みてはいけないとき
第4講 就職難なのに、大学生の就職率が90%超と高いのはなぜか?―錯覚を起こしやすいグラフより表分析を優先
第5講 多機能な家電のほうが値下がりしやすいのはなぜか?―複数のデータから共通性をみつけるコツ
第6講 分散投資のために特定業種の株を買うべきなのはなぜか?―相関係数の意味と活用法
第7講 日本の格差は本当に拡大しているのか?―凝った計算で求めた統計データの疑い方
第8講 若者の免許離れは本当に起きているのか?―ミクロとマクロのデータを組み合わせた分析
おわりに 数字でコミュニケーションを!

出版社・メーカーコメント

統計学がわからなくても大丈夫! 安価に大量のデータにアクセスできるビッグデータ時代を味方につけ、文系ビジネスパーソンがビジネスで使えるデータの整理・分析プロセスを全公開。身近な事例を使ってビジネスヒントを掘り起こす手法を伝授します!

著者紹介

吉本 佳生 (ヨシモト ヨシオ)  
エコノミスト・著述家。1963年三重県紀北町(旧・紀伊長島町)生まれ。名古屋市立大学経済学部卒業、住友銀行勤務を経て、名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。広島市立大学国際学部専任講師、南山大学経済学部助教授(准教授)などを経て、2012年から関西大学会計専門職大学院特任教授。専門分野は、生活経済、国際金融、金融経済(ファイナンス)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)