• 本

闇の黒猫 北町奉行所朽木組

新潮文庫 の−16−1

出版社名 新潮社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-10-125661-0
4-10-125661-6
税込価格 649円
頁数・縦 350P 16cm

商品内容

要旨

闇の黒猫。水際立った手口で大金を奪い去る盗賊は、いつしかその異名で呼ばれていた―。腕が立ち、情にも厚い定町廻り同心・朽木勘三郎と、彼に心服する岡っ引たちは、商家の盗難騒動、茶問屋跡取り息子失踪事件を鮮やかに解き、いよいよ江戸の闇夜に跋扈する「黒猫」の正体へと迫ってゆく…。文芸評論家・縄田一男氏に大器と絶賛された、野口卓、入魂の書き下ろし時代小説。

著者紹介

野口 卓 (ノグチ タク)  
1944(昭和19)年、徳島県生れ。さまざまな職業を経て、編集者・ライターとなる。その傍ら、ラジオドラマの脚本や戯曲を執筆。’93(平成5)年、一人芝居「風の民」で第3回菊池寛ドラマ賞を受賞。2011年、『軍鶏侍』で小説家として鮮烈なデビューを果たし、評論家、メディアから絶賛を浴びる。’12年、同作で歴史時代作家クラブ賞新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)