• 本

四色問題

新潮文庫 シ−38−11

出版社名 新潮社
出版年月 2013年12月
ISBNコード 978-4-10-218461-5
4-10-218461-9
税込価格 737円
頁数・縦 382P 16cm

商品内容

要旨

四色あればどんな地図でも塗り分けられるか?一見簡単そうだが、どうにも証明できない難問として人々の頭を悩ませ続けた「四色問題」。ルイス・キャロルをはじめ幾多の人物が挑戦しながら失敗。一世紀半後、ふたりの数学者がコンピュータを駆使して解決するが、「これは数学じゃない」と拒絶反応も。天才たちの苦闘の歴史を通じ、世紀の難問が解かれるまでを描く興奮の数学ドラマ。

目次

四色問題
問題提起
オイラーの有名な公式
ケイリーが問題を蘇らせて…
…ケンプが解いた
運の悪い人々
ダーラムから飛んできた爆弾
大西洋を渡って
新しい夜明け
成功!…
…けれどもそれは証明なのか?

著者紹介

ウィルソン,ロビン (ウィルソン,ロビン)   Wilson,Robin
1943年生れ。オックスフォード大学数学科を卒業後、ペンシルヴァニア大学で数論を研究し、博士号を取得。オックスフォード大学ケブル・カレッジの数学フェロー、英国オープン・ユニヴァーシティの純粋数学科学科長を務める
茂木 健一郎 (モギ ケンイチロウ)  
1962年、東京生れ。脳科学者/理学博士。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大大学院物理学専攻課程を修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)