• 本

釣師・釣場

講談社文芸文庫 いC17

出版社名 講談社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-06-290208-3
4-06-290208-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 236P 16cm

商品内容

要旨

三崎・城ヶ島沖では老鯛釣名人の、甲州ではヤマメ釣名人の釣談義に耳を傾け、九十九里、水郷、尾道、最上川、奥日光、吉野川まで足を伸ばして釣、また釣に明け暮れる。釣が大好き、他人の釣を見るのも好きで、本名「満寿二」を筆名「鱒二」にしたという著者が、全国の釣場と釣師、竿師を訪ねて綴る、愉しい名紀行。

目次

三浦三崎の老釣師
外房の漁師
水郷通いの釣師
尾道の釣・鞆ノ津の釣
甲州のヤマメ
阿佐ヶ谷の釣師
最上川
庄内竿
長良川の鮎
奥日光の釣
笠置・吉野
淡路島

著者紹介

井伏 鱒二 (イブセ マスジ)  
1898・2・15〜1993・7・10。小説家。広島生まれ。本名満寿二。1912年福山中学に入学。17年早大予科1年に編入。23年「幽閉」(のち加筆「山椒魚」と改題)発表。『ジョン万次郎漂流記』で直木賞、『本日休診』で第1回読売文学賞、『黒い雨』で野間文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)