• 本

感染遊戯

光文社文庫 ほ4−9

出版社名 光文社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-334-76648-1
4-334-76648-X
税込価格 704円
頁数・縦 355P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 誉田哲也はやっぱりいいです。

    文芸で発売されたときのも読みましたが、何度読んでもいいね!って感じです。姫川班解散の後の設定でシンメトリーでも登場する「倉田」の苦悩も読みとれる、また本書はガンテツ中心の設定の為、本当はいい人なのではと勘違いさせられてしまう描き方がされているがファンとすればガンテツにはあくまでも汚い刑事を通してほしいです。

    (2013年11月16日)

商品内容

要旨

会社役員刺殺事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が十五年前の事件を語り始める。刺された会社役員は薬害を蔓延させた元厚生官僚で、その息子もかつて殺害されていたというのだ。さらに、元刑事の倉田と姫川の元部下・葉山が関わった事案も、被害者は官僚―。バラバラに見えた事件が一つに繋がるとき、戦慄の真相が立ち現れる!姫川玲子シリーズ最大の問題作。

出版社・メーカーコメント

「姫川玲子シリーズ」白熱のスピンオフ作品集!

『ストロベリーナイト』のガンテツ。『シンメトリー』/「過ぎた正義」の倉田。そして、捜査一課姫川班最若手だった葉山。 捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。 息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。 姫川玲子班解体直前、殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、世田谷の老人同士の小競り合い。 事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。それは、被害者の個人情報を、犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。 事件の背後には何があるのか!?

著者紹介

誉田 哲也 (ホンダ テツヤ)  
1969年、東京都生まれ。学習院大学卒。2002年、『妖(あやかし)の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞。’03年には、『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)