• 本

オプションを活かそう 選択が人生を決める

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-12-004556-1
4-12-004556-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 173P 19cm

商品内容

要旨

日本人がノーベル賞を受賞することは珍しくなくなった。しかし、日本の科学・技術は沈滞気味である。自らの歩みを振り返りつつ、科学と技術を育てていくための考え方を、国際的な視野から語りかける。

目次

第1部 偶然と必然が生み出すもの―時代の証言者・江崎玲於奈
第2部 オプションを活かそう(一五歳のあなたへ―将来に迷ったら
三〇歳のあなたへ―仕事で悩んだら
四五歳のあなたへ―科学を信じられなくなったら)
第3部 筑波研究学園都市の五〇年
第4部 エッセー(湯川秀樹博士の思い出
鉄道レイアウト)

出版社
商品紹介

日本人ノーベル賞学者による波乱に満ちた自分史。人生における「選択」の大切さを説く。科学や研究、人生について答えたQ&Aも充実。

著者紹介

江崎 玲於奈 (エサキ レオナ)  
1925年、大阪府生まれ。東京大学卒。1957年、エサキダイオードにより量子力学的トンネル効果を実証。1960年に渡米し、IBMのT・Jワトソン中央研究所に勤務。1973年、ノーベル物理学賞受賞。1974年、文化勲章受賞。1975年、日本学士院会員。1992年、帰国。1998年、日本国際賞受賞、勲一等旭日大綬章受章
滝田 恭子 (タキタ キョウコ)  
1966年、東京都生まれ。読売新聞東京本社科学部次長。上智大学卒。カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院修了。1989年、読売新聞社入社。八王子支局、編成部、メディア戦略局を経て、2002年より科学部。天文・宇宙、地震・火山、気象、科学技術政策などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)