• 本

老い 下 新装版

出版社名 人文書院
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-409-23055-8
4-409-23055-7
税込価格 3,240円
頁数・縦 380P 20cm
シリーズ名 老い

商品内容

目次

第2部 世界=内=存在(老いの発見と受容―身体の経験
時間、活動、歴史
老いと日常生活
いくつかの老年の例
結論)
付録(百歳長寿者
R・E・バーガー『老人の世話をするのは誰か?』
社会主義諸国における退職労働者の状況
老齢者の性生活に関するいくつかの統計的資料)

著者紹介

ボーヴォワール,シモーヌ・ド (ボーヴォワール,シモーヌド)   Beauvoir,Simone de
1908年1月9日パリ生まれ。1926年家族の反対を押し切ってソルボンヌ大学哲学科に身を置いた。そこで“事実上の”夫となるサルトルと出会う。1943年に最初の小説『招かれた女』を発表、サルトルと並び実存主義作家の代表として機関紙『レ・タン・モデルヌ』で活躍した。その後1949年に代表作となる『第二の性』で一躍注目を浴び、現代フェミニズム運動の先駆けを担うとともに、1954年、『レ・マンダラン』でゴンクール賞を受賞し、フランス文壇の第一線で活躍を続けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)