• 本

人類はどこから来て、どこへ行くのか

出版社名 化学同人
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-7598-1564-1
4-7598-1564-3
税込価格 3,080円
頁数・縦 373,27P 20cm

商品内容

要旨

大反響を呼んだ『社会生物学』の刊行から40年、生物学の巨人エドワード・O・ウィルソンが人類の来し方行く末を壮大に語る、総決算の書。

目次

1 なぜ高度な社会性をもつ生命が存在するのか?
2 われわれはどこから来たのか?
3 いかにして社会性昆虫は無脊椎動物の世界を支配するに至ったのか?
4 社会進化の力
5 われわれは何者か?
6 われわれはどこへ行くのか?

著者紹介

ウィルソン,エドワード・O. (ウィルソン,エドワードO.)   Wilson,Edward O.
1929年アラバマ州バーミンガム生まれ。アラバマ大学で進化生物学を学んでのち、ハーヴァード大学の学部での41年間を含め、科学研究と教育に携る。On Human Nature(1979)(邦訳『人間の本性について』岸由二訳、筑摩書房)と、バート・ヘルドブラーとの共著The Ants(1991)でふたつのピュリッツァー賞をとり、米国科学栄誉賞、クラフォード賞、日本の国際生物学賞、イタリア大統領栄誉賞およびノニーノ賞、アメリカ哲学協会のフランクリンメダルなども受けている
斉藤 隆央 (サイトウ タカオ)  
翻訳者。1967年生まれ。東京大学工学部工業化学科卒業。化学メーカー勤務を経て、現在は翻訳業に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)