• 本

笠原さんちの懐かしスイーツ 人気和食店店主の「おいしいワザ」ありかんたんレシピ

出版社名 世界文化社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-418-13347-5
4-418-13347-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

日本一予約が取りにくい和食店「賛否両論」の笠原さんがつくる、懐かしくて新しい64のおやつ。

目次

第1章 懐かし定番スイーツ(懐かしプリン
ホットケーキ ほか)
第2章 さっとつくれるかんたんスイーツ(フルーツポンチ
いちごのチーズ白あえ ほか)
第3章 ひんやり冷たいスイーツ(大葉のシャーベット
新しょうがのシャーベット ほか)
第4章 ふわふわサクサク粉ものスイーツ(ざらめのカステラ
あずきのケーキ ほか)
第5章 和菓子・あんこのスイーツ(あんこのつくり方
あずきを煮る ほか)

出版社
商品紹介

笠原氏初のおやつレシピ。定番おやつに「おいしいワザ」をひと工夫加えるだけの笠原マジック。懐かしくて新しい64のおやつを紹介。

著者紹介

笠原 将弘 (カサハラ マサヒロ)  
東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」店主。「正月屋吉兆」で焼き場やデザートなどを担当、9年の修業ののち、実家の焼鳥屋「とり将」を継ぐ。2004年に「賛否両論」を開店、あっという間に予約のとれない人気店に。パティシエ志望だったこともあり、店では「和食の〆においしい和スイーツ」をテーマに常時5〜6種類のデザートを提供、女性客の支持を得ている。2013年9月には名古屋に2号店をオープンし、活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)