• 本

ミクシィ・フェイスブックが消える日 メッセージアプリがSNSを破壊する

出版社名 セルバ出版
出版年月 2013年10月
ISBNコード 978-4-86367-134-8
4-86367-134-2
税込価格 1,836円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

本書は、ポストパソコン時代の到来に伴って大変化するソーシャルメディアの新旧交代の現状と背景、海外の状況、マーケティングの状況、その未来などをわかりやすく解説。

目次

序章 ポストパソコン時代に大きく変化を始めたソーシャルメディア
第1章 ポストパソコン型ソーシャルメディア・対話アプリの台頭
第2章 新しい個人コンピューティングの形とソーシャルメディア
第3章 衰退を始めたSNSの現状
第4章 グーグルやフェイスブックの反撃
第5章 プライベート・メッセージサービスの代表LINEなどの仕組みの特長
第6章 激化するアジアのプライベート対話アプリ・サービスの市場争い
第7章 メッセージサービス・マーケティングのすごい特長
第8章 インターネット選挙とメッセージサービス
第9章 通信キャリアがLINEに屈服
最終章 ソーシャルメディアの新旧交代

著者紹介

山崎 秀夫 (ヤマザキ ヒデオ)  
1949年生まれ。岡山県出身。東京大学卒。三井情報時代海外システムを経験する。その後80年代初頭、総合商社のロンドン支店に勤務。ソフトウエアの欧州への輸出を経験。現在、野村総研シニア研究員、日本ナレッジマネジメント学会専務理事。専門はナレッジマネジメント、情報戦略論、知識コミュニティ論、ソーシャルメディア、ソーシャルテレビやスマートテレビなど多彩。主な著書:「ナレッジ経営」(野村総研出版)日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)