• 本

そして最後にヒトが残った ネアンデルタール人と私たちの50万年史

出版社名 白揚社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-8269-0170-3
4-8269-0170-4
税込価格 2,860円
頁数・縦 363P 20cm

商品内容

要旨

地球に存在した20種以上の人類の仲間のなかで、なぜヒトだけが生き延びることができたのか…古人類学の第一人者が数々の新発見とともに語る壮大な人類の物語。

目次

プロローグ 気候が歴史の流れを変えたとき
1 絶滅への道は善意で敷きつめられている
2 人はかつて孤独ではなかった
3 失敗した実験―中東の早期現生人類
4 一番よく知っていることに忠実であれ
5 適切な時に適切な場所にいること
6 運命のさじ加減―ヨーロッパの石器文化
7 ヨーロッパの中のアフリカ―最後のネアンデルタール人
8 小さな一歩―ユーラシアの現生人類
9 永遠の日和見主義者―加速する世界進出
10 ゲームの駒―農耕と自己家畜化
エピローグ 最後に誰が残るのか?

著者紹介

フィンレイソン,クライブ (フィンレイソン,クライブ)   Finlayson,Clive
1955年生まれ。ジブラルタル博物館館長、トロント大学客員教授。長年にわたってジブラルタルにあるゴーラム洞窟の調査を続けているネアンデルタール人研究の第一人者
近藤 修 (コンドウ オサム)  
1965年生まれ。東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)