• 本

街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。

出版社名 京阪神エルマガジン社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-87435-427-8
4-87435-427-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 221P 17cm

商品内容

目次

第1章 僕の街、僕の店(「恵文社一乗寺店」と街のこれまで
恵文社一乗寺店界隈事件簿)
第2章 京都「ここだけ」の小さな店(街も店をつくる―「屯風」「ガケ書房」
未来は過去の中にある―「迷子」「出町ふたば」
本屋は街の先生だった―「三月書房」「古書善行堂」「WORKSHOP records」
「路地」という抜け道で―「レンタサイクルえむじか」「ナミイタアレ/出町柳文化センター」
生きるために必要な喫茶店―「六曜社地下店」)
巻末対談 個人店が生き残るには

著者紹介

堀部 篤史 (ホリベ アツシ)  
昭和52年京都市生まれ。立命館大学文学部卒業。学生時代より、編集執筆、イベント運営に携わりながら恵文社一乗寺店スタッフとして勤務。2004年に店長就任。商品構成からイベント企画、店舗運営までを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)