• 本

フィギュアスケートはじめました。 大人でもはじめていいんだ! 教室・衣装選びから技のコツまで別世界に飛び込んだ体験記

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-416-31343-5
4-416-31343-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 191P 21cm

商品内容

要旨

ゆる〜くまったり楽しみながらできる、大人のスケート教室が人気急上昇中。競技観戦がますます楽しくなる!

目次

1 はじめちゃった理由―遠い世界のスポーツじゃない!
2 スケート初心者の基本―服装、滑り方、そして転び方
3 いざスケート教室へ―デビューから華麗な技の習得まで
4 バッジテストに挑む―猛特訓が生んだ涙と感動
5 マスターズとスケートを愛する人―奥深い世界をレポート
6 ゆかいなスケート仲間―もっとフィギュアが楽しくなる本音トーク
7 フィギュアスケート観戦のツボ―はじめてわかった「ここが面白い!」

出版社
商品紹介

30代になってフィギュアスケートをはじめた著者の体験記。他の運動よりまったり楽しめて、体も美しくなる。競技観戦もさらに充実。

著者紹介

佐倉 美穂 (サクラ ミホ)  
毒物劇物取扱責任者、バイオ技術者。DNAの研究所に勤務後、サイエンスライターに。ネットでのエンタメライター、雑誌での科学系ライターを経て、広く深い趣味をプロレベルまで掘り下げて多方向に筆を伸ばす
柳田 貴志 (ヤナギタ タカシ)  
小学5年生でフィギュアスケートを始め、6年生から選手生活へ。中学2年生で全日本Jr3位、強化指定を受け、翌年全日本Jr2位他、インターハイ2位、国体少年男子2位。海外派遣を契機に経済的理由で競技スケートから引退。現在は競技スケートから離れているが経験者の視点で深い考察、批評を配信している
みづき 水脈 (ミズキ ミオ)  
フィギュアスケートを題材にした漫画「アイスノオト」を講談社「ザデザート」2012年3月号〜2013年5月号まで連載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)