• 本

馬の世界史

中公文庫 も33−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-12-205872-9
4-12-205872-4
税込価格 817円
頁数・縦 307P 16cm

商品内容

要旨

馬は、人間社会のなかで、多種多様な役割を担わされてきた。太古には狩猟の対象になり、やがて車を引き、人を乗せ、人間の世界に深く入りこんだ。人が馬を乗りこなさなかったら、歴史はもっと緩やかに流れていただろう。戦争、交易、世界帝国…、馬から歴史を捉え直す。JRA賞馬事文化賞受賞作。

目次

プロローグ―もし馬がいなかったら、二一世紀はまだ古代だった
人類の友
馬と文明世界―戦車の誕生
ユーラシアの騎馬遊牧民と世界帝国
1 西方ユーラシア
2 東方ユーラシア(ポセイドンの変身―古代地中海世界の近代性
馬駆ける中央ユーラシア
アラブ馬とイスラム世界
ヨーロッパ中世世界と馬
モンゴル帝国とユーラシアの動揺
火砲と海の時代―近代世界における馬
馬とスポーツ)
エピローグ―われわれは歴史の負債を返済しただろうか

著者紹介

本村 凌二 (モトムラ リョウジ)  
1947年、熊本県生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。博士(文学)。専攻は古代ローマ史。主な著書に『薄闇のローマ世界』(サントリー学芸賞)など。『馬の世界史』でJRA賞馬事文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)