• 本

ナラティヴ・プラクティス セラピストとして能く生きるということ 高橋規子論文集

出版社名 遠見書房
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-904536-64-3
4-904536-64-9
税込価格 4,620円
頁数・縦 283P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

クライエントに寄り添い、彼らの発する声に耳を傾け、新しい物語をつむぎだす臨床から、テクニカルな臨床論文だけでなく、クライエントとの共同研究、実践のなかから生まれた哲学的な論考など、他に類を見ない独創的な研究。誠実で、効果のある心理療法を追い求めたセラピストの遺した珠玉の論文集。

目次

第1部 研究者・臨床家としての高橋規子
第2部 ナラティヴとのつながり―初出の背景となったやりとり
第3部 ナラティヴとの格闘
第4部 「ナラティヴの高橋」という社会構成
第5部 私、高橋規子、です
第6部 高橋規子のシステムからナラティヴへの移行についての研究―初出の背景となったいきさつ

著者紹介

高橋 規子 (タカハシ ノリコ)  
1964年東京都生まれ。東京都立国立高校を卒業後、学習院大学文学部心理学科入学。1986年、学習院大学文学部心理学科卒業。卒業後、小売業大手の「丸井」に入社。仕事をしながらも心理カウンセラーになることを夢見て、勉強をつづけ、1990年に民間相談所カウンセラーとなる。1995年には、臨床心理士資格を取得し、カウンセリングルーム心理技術研究所を開業した。以降、吉川悟氏に師事しながら、臨床、研究、臨床家の卒後教育などに精力的に活動。専門は、家族療法、ブリーフセラピー、ナラティヴ・セラピー、NLP等
吉川 悟 (ヨシカワ サトル)  
私設心理療法機関であるシステムズアプローチ研究所、コミュニケーション・ケアセンターなどを経て、2007年より龍谷大学心理学部教授。専門はシステムズアプローチ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)