• 本

北極男

出版社名 講談社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-06-218248-5
4-06-218248-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 222P 19cm

商品内容

要旨

荻田泰永=北極冒険家。1977年神奈川県生まれ。両親に何不自由なく育ててもらったはずなのに、なぜか突然大学を中退して北極冒険を思い立つ。2000年、初めての海外旅行で北極に行った彼が、それから毎年のように北極に通い続ける理由とは?そもそもそこに理由など存在するのだろうか?そんな疑問を抱かせる、破天荒な北極バカによる北極冒険と青春の記録!

目次

プロローグ ある取材記者との会話―旅の準備・北極ってどんなところ?・ホッキョクグマほか
初めての北極―2000年北磁極
北極一人旅―2001年レゾリュート
単独初挑戦―2002年500km徒歩行
出会い―2003年ケンブリッジベイ
犬ゾリ2000kmの旅―2004年グリーンランド
挫折―2006年ケンブリッジベイ・2007年1000km単独徒歩行
ある取材者との会話・その2―冒険家の悩み・働くこととお金の話
再起―2008年皆既日食・2010年北磁極単独
角幡とフランクリン隊を追う―2011年1600km二人旅
無補給単独徒歩による挑戦―2012年北極点
北極点を越えて―2014年再びの挑戦を目指して

著者紹介

荻田 泰永 (オギタ ヤスナガ)  
北極冒険家。1977年神奈川県生まれ。1999年の大学中退後にテレビで冒険家・大場満郎の存在を知り、翌2000年に大場の企画した北極冒険に参加。生まれて初めての海外旅行でカナダ・レゾリュート村から北磁極への700km徒歩行を経験。2002年、レゾリュートからカナダ最北の集落グリスフィヨルドまでの500km単独徒歩行。2004年、グリーンランド内陸氷床2000km犬ゾリ縦断行。2010年、北磁極無補給単独徒歩到達。2011年、カナダ北極圏1600km徒歩行。2011年度「ファウストA.G.アワード冒険家賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)