• 本

毎日が小さな修行 人生の花を咲かせる12の基本

出版社名 致知出版社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-8009-1020-2
4-8009-1020-X
税込価格 1,404円
頁数・縦 148P 20cm

商品内容

要旨

光から光の世界へ生きていく人間、光から闇の世界へ生きていく人間、闇から闇の世界へ生きていく人間、闇を転じて光の世界へ生きていく人間。三十代で千三百年に二人目の千日回峰行を満行した大阿闍梨が語る、人生、4つの生き方。

目次

生きるコツ(ぼちぼちと根気よく丁寧に
努力の炎を燃やし続ける
野に咲く花のように、そこにある)
縁を生かす(良き師との出会いが良き人生をつくる
子供の躾は親の第一の仕事
背中で語り、背中に学ぶ)
心を運ぶ(薫りが移るように導いていく
上手に生きるためのルールを教える
割り切って、忘れて、捨てて、許す)
命を輝かす(神仏の喜ぶ生き方を求める
この世に生まれてきた理由
円満に生きていく)

著者紹介

塩沼 亮潤 (シオヌマ リョウジュン)  
昭和43年仙台市生まれ。61年東北高校卒業。62年吉野山金峯山寺で出家得度。平成3年大峯百日回峰行満行。11年吉野・金峯山寺1300年の歴史で2人目となる大峯千日回峰行満行を果たす。12年四無行満行。18年八千枚大護摩供満行。現在、仙台市秋保・慈眼寺住職。大峯千日回峰行大行満大阿闍梨(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)